BIHAKUの使い方

BIHAKUの使い方は今までのオールインワンと同じ?基本の使い方からオススメの使い方までをご紹介!

 

BIHAKUの使い方

 

BIHAKUは年齢肌の悩みにアプローチをしてくれるオールインワン美容液です。

 

しかし、オールインワンといえば、クリームが主流で美容液というのはあまり見かけませんよね。

 

BIHAKUはクリームではなく美容液なので、今までのオールインワンクリームと同じような使い方をしても大丈夫なの?

 

という疑問をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

ここでは、BIHAKUの基本的な使い方からオススメの使い方までをご紹介!

 

これを読めばBIHAKUのスキンケアの手順が全てわかります。

 

 

BIHAKUの基本的な使い方

 

BIHAKUの基本的な使い方

 

まずはBIHAKUの基本的な使い方からご紹介していきます。

 

BIHAKUは、洗顔→化粧水の後につけて頂く美容液です。

 

オールインワンクリームは化粧水も一緒になっていることが多いのですが、BIHAKUは化粧水は別途必要なので、忘れないようにしてくださいね。

 

化粧水をつけた後に、BIHAKUを馴染ませるのですが、量としては真珠1個ぶんくらいを目安と考えてください。

 

BIHAKUは便利なポンプ式の美容液なので、量も調整しやすいところが嬉しいポイントです。

 

BIHAKUを手に取ったら、馴染ませていきます。

 

おでこやほっぺたなど、顔の広い部分から順にBIHAKUをのばしていきましょう。

 

顔全体にBIHAKUを馴染ませたら、その後は顔全体を軽く手のひらでパッティングし、BIHAKUを染み込ませていくと、浸透率が上がります。

 

これが基本的なBIHAKUの使い方です。化粧水をつける必要はありますが、パック・美容液・乳液・クリームなどの手間を考えると、とってもお手軽なスキンケアではないでしょうか。

 

 

BIHAKUのオススメの使い方

 

BIHAKUの基本スキンケアは化粧水→BIHAKUでOKなのですが、BIHAKUだけでは目尻や口元が乾燥するなんて方もいらっしゃることと思います。

 

そんなにオススメの使い方を2つご紹介します。

 

 

BIHAKUを重ね塗りする

 

BIHAKUには保湿やハリ、弾力成分が配合されています。

 

乾燥が気になる目尻や口元にBIHAKUを少し追加して重ね塗りしてあげると、さらにBIHAKUが有効に働きかけてくれます。

 

 

手持ちのクリームを追加する

 

手持ちのクリームなどを追加してあげるのもオススメです。

 

クリームでお肌に蓋をしてあげることによってBIHAKUの浸透率も高まります。

 

 

肌の状態によってBIHAKUのスキンケア方法を変えよう

 

BIHAKUは1年を通して使えるオールインワン美容液ですが、肌の調子は1年を通してずっと同じというわけではありません。

 

夏場は化粧水→BIHAKUのみ、冬場は化粧水→BIHAKU→クリームなど、季節や肌の状態に合わせて、自分なりのプラスアルファのスキンケア方法を試してみてくださいね。

 


bihakutopへ

BIHAKU(トップ記事)
BIHAKUホワイトエッセンスの口コミで評判の理由を検証。効果的な使い方や成分を調べ副作用の有無の確認、また最安値は楽天やAmazonではなく公式店!その値段も公開。合わなかった時の解約方法までBIHAKUの全て紹介します。