BIHAKU

BIHAKUでどんな効果が期待できるの?成分を詳しくチェック!

 

BIHAKU成分

 

BIHAKUは、「年齢不詳の肌」を目指す人のためのオールインワン美容液ですが、具体的にBIHAKUを使うことでどんな効果が期待できるのでしょうか?

 

ここではBIHAKUの4つのアプローチに使われている成分を詳しくチェックし、BIHAKUを使うことで期待できる効果をまとめてみました。

 

 

BIHAKUの4つのアプローチの成分を詳しくチェック!

 

BIHAKUは4つのアプローチ成分が配合されていますが、一体これらの成分は肌にどんなアプローチをしてくれるのでしょうか?

 

 

アプローチ成分1「フラーレン」

 

フラーレンは、メラニンの生成を抑制する作用などが認められている、注目の新美容成分です。

 

フラーレンの効果は、ビタミンCの約170倍とも言われており、さらにコラーゲンを生成する作用はプラセンタの800倍とも言われています。

 

また、保湿力も高くエイジングケアに大きな効果が期待できます。

 

 

アプローチ成分2「APPS」

 

次世代のビタミンC誘導体として注目されているのが、APPSです。

 

APPSは、肌の表皮に働きかける水溶性ビタミンCと、肌の奥真皮にまで浸透する脂溶性ビタミンCのどちらの働きもします。

 

今までの化粧品に多く使われてきたビタミンC誘導体の約100倍以上の浸透力があると言われており、さらにフラーレンとの相性も良い。

 

フラーレンと一緒に配合することで、酸化されることなくビタミンCを肌まで届けることができます。

 

 

アプローチ成分3「幹細胞エキス」

 

幹細胞エキスは、最新美容成分として注目を集めています。

 

多くの美容成分は、肌に「与える」ものですが、幹細胞エキスは肌本来の力を目覚めさせるものです。

 

肌が自ら美しくなろうとする力を引き出し、使い続ければ続けるほど、毛穴の引き締め・キメの整ったなめらかな肌へと導きます。

 

 

アプローチ成分4「プロテオグリカン」

 

ヒアルロン酸の1.3倍の蓄水力があると言われているのが、プロテオグリカンです。

 

プロテオグリカンは私たちの皮膚や軟骨にも存在しています。

 

プロテオグリカンは、EGF(上皮細胞増殖因子)と似た働きをすることが確認されていて、肌のターンオーバーを乱れない様に、またメラニンの生成を抑制し、色素沈着の予防や改善目的で広く化粧品に使用されています。

 

 

4つのアプローチ成分からBIHAKUの期待できる効果をまとめてみると…

 

BIHAKUに配合されている4つのアプローチ成分をチェックしてみました。

 

どれも年齢肌の悩みにとっては、嬉しい効果が期待できるものばかりですね。

 

この4つのアプローチ成分から、BIHAKUの期待できる効果をまとめてみます。

 

  • フラーレン…高いエイジングケア
  • APPS…肌にビタミンCを届ける
  • 幹細胞エキス…ハリやみずみずしさを与える
  • プロテオグリカン…肌に活力を与えキメの整える

 

これら4つのアプローチ成分が、組み合わさることで相乗効果が生まれ、クリアな肌へと導いてくれるのです。

 

BIHAKUで年齢不詳の肌を目指すスキンケアを初めてみてはいかがでしょうか。

 


bihakutopへ

BIHAKU(トップ記事)
BIHAKUホワイトエッセンスの口コミで評判の理由を検証。効果的な使い方や成分を調べ副作用の有無の確認、また最安値は楽天やAmazonではなく公式店!その値段も公開。合わなかった時の解約方法までBIHAKUの全て紹介します。