「食品断ち」BIHAKU

ニキビができやすい食品を知って、自分にあった「食品断ち」をしよう

 

ニキビができやすい食品を知って、自分にあった「食品断ち」をしよう

 

顔だけにニキビができやすい人は沢山いることでしょう。

 

しかも、顔以外はツルツルで綺麗という場合もあることでしょう。

 

また何かアレルギーや病気があるわけではないのに、そうなっていて悩んでしまう…。

 

しかし、そういう人は人一倍ニキビケアをしていたりします。

 

にもかかわらず、努力しているのに成果がでてない人も沢山いるかと思います。

 

そういった人の為の、化粧品によるケアではなく、食事制限によるニキビ予防方法です。

 

シンプルに、まずどういった食事をした時に自分がニキビができやすいかを調べます。

 

ただ同時に多数やるのではなく、いくつかに絞るとストレスなくできることでしょう。

 

例えば、まず1つ目に、乳製品を多く取るとニキビができやすくなると言われています。

 

牛乳等は特にニキビができている時避けるべき有名なものです。

 

なので、まずこれを一切断ってみましょう。

 

勿論、すべての食品に言えることですが、効果があるかどうかは人それぞれですので、試してみねばわかりません。

 

毎日牛乳を飲んでいても全くニキビのできない人もいるでしょう。

 

ですが、ニキビができやすい人は、大変敏感な肌状態でもあります。

 

少しのことでも肌にでるわけです。

 

なので、できるだけ長い期間断ってみて下さい。

 

ニキビができないわけではないものの、これが意外と効果があります。

 

できるなら、100%断ちたい所ですが、どうしても料理に含まれている事は十分にあります。

 

とはいえ、最低限直接摂取はやめるようにしましょう。

 

また最近は食料品には、「工場で卵・えびを扱っています」といったアレルギー対策の表示があるように、牛乳等はこれがあります。

 

なので、それらを参考にしましょう。

 

自分が仮にアレルギーでなくても、「疑わしきは罰せよ」と思って排除して下さい。

 

次に、ナッツ類の摂取を経ってみるのも良いでしょう。

 

ただ、ナッツに関しては難しい部分があります。

 

美容効果があったり、クルミなどは貧血に効くとも言われるものです。

 

ですがニキビができやすい人にとっては悪影響の可能性があります。

 

なので、これも絶ってみましょう。

 

最後に、疑ってみるのは、世間一般的に美容に良いと言われている物を疑ってみましょう。

 

例えば、豆乳です。

 

これは、初めに述べた牛乳とはまた別の意味があります。

 

豆乳は美容に良いと人気の食品ですが、人によっては豆乳アレルギーを起こしたり、体質に合わない人がいます。

 

直接摂取すると、吐き気を催す人もいます。

 

なので、この豆乳のように、自身がそういった美容に良いと思っている食品やサプリを取っていたら、もう一度それが自分に合っているのか再確認してみましょう。

 

「いや、飲んでも平気」というかもしれませんが、美容に良いはずのものを飲んでいて綺麗になっていないなら、はっきりいって効き目がないのと同じです。

 

あらゆる可能性を考え、実行してみるべきです。

 

この工夫のメリットは、シンプルかつお金がかからない点です。

 

自分に合わない物があれば、徹底的に断てばいいのですから経済的には優しいです。

 

ただ、デメリットは勿論、その食品を見つけるのに時間がかかる場合があることです。

 

また、絶たなくてはならない物が好物であった時は辛いことでしょう。

 

例えばナッツ類が好きで、いつもつまんでいるような人には辛いかもしれません。

 

他にも、自分で料理を選択できる、また断つことができる人には良い方法ですが、人付き合いや外食が多い等、自分の意思ではどうにもならない、できない場合もある人には少々難しい方法とも言えるでしょう。

 


bihakutopへ

BIHAKU(トップ記事)
BIHAKUホワイトエッセンスの口コミで評判の理由を検証。効果的な使い方や成分を調べ副作用の有無の確認、また最安値は楽天やAmazonではなく公式店!その値段も公開。合わなかった時の解約方法までBIHAKUの全て紹介します。